レポートマン!

人生楽しんだもん勝ち!!

正社員なのに生活保護以下の収入!底辺生活脱出の5つのヒント

 

正社員なのに生活保護以下の収入… 
労働意欲なんて出るわけがない… 
正直本気でやってられない!
 

とお悩みの、正社員なのに生活保護以下の収入で働いている方のためのページです。

 

生活保護ですと、地域差はありますが概ね単身世帯で10~12万円ほど、子供がいればその分加算されます。
子供一人の母子家庭で15~20万円程度貰えるようです。
しかも年金は免除ですし、医療もタダです。

書いてて腹立って来ましたが、これは働く気もなくなるでしょう…。

 

しかし、そんなやすい給料で働いていたら、本気で希望も何もないですね…。
なんとかするための方法をまとめてみました。

 

⇒【手軽にできる】貧乏脱出には収入アップ!最適な副業をご紹介!

 

▽目次▽ [hide]

生活保護費以下の収入しかない場合、差額は貰える
2 あまりに給料低いなら転職すべき
3 副業も検討
4 腹が立つので生活保護受給者を叩く…のはやめよう
5 これからは更に厳しくなっていく
6 まとめ
生活保護費以下の収入しかない場合、差額は貰える
生活保護以下の給料の場合も、実は生活保護が貰えます。

生活保護基準以下の給料しかない場合、差額が支給されるのです。
というか、さすがにあまりに給料低い場合、ダメもとでもいいから申請しないと生活できないかもしれません。

 

  

ただ、こんなの役所に申請に行っても、絶対すぐに出してはくれないんですよ。
弁護士とか、専門家に相談したほうがいいと思います。
法テラスなら相談はタダなので、相談に行きましょう。

 

まあ、どのくらいせっぱ詰まってるのか?で変わってくると思いますけど…。
実家暮らしとか、貯金に余裕があるとかだとムリだと思います。

 

ただ、本気で生活に困ってるなら、本気で相談しに行けばなんとかなるかもしれません。
ダメもとで行ってみるといいでしょう。

 

⇒あなたも使える生活保護PDF-日本弁護士連合会

 

あまりに給料低いなら転職すべき
geralt / Pixabay
 

いくら給料貰ってるのかわかりませんが、あまりに給料低いのであれば、転職したほうがいいと思います…。
単身者なら、手取り12万とか手取り10万とかでしょうか?

 

なんか、田舎の方だとそのくらいの給料でも珍しくないみたいですから、本当にそのくらいなのかもしれませんが…。
さすがにそんなに給料安いと、やばすぎると思います。

 

都会に出てフリーターしてたほうがまだ稼げるでしょう。
最悪、引っ越してでも給料高い都道府県で転職すべきです。

 

 

副業も検討
田舎の方ですと、本気で手取り10万円ちょっとくらいの求人ばかりだったりします。
さすがにそれでは生活していくことができませんし、貯金なんてできないでしょう。

 

転職も難しい場合は、副業でもするしかないですね。
最悪バレてクビになったら、生活保護でも申請しましょう。
そのほうが収入上がりますよw

 

まあ、最近はネットでできる副業が増えてきているので、手軽にやってみるのも手段の一つです。
月数万円くらいなら稼げますし、私もそのくらいは稼いでました。

 

  

とりあえずは、手軽に始められるクラウドソーシングでもはじめてみたらどうでしょうか?

未経験でもできる記事作成だけでも、副業で月に数万円くらい稼いでいる人もザラにいますし。

私も月5万円くらいは、記事作成の副業で稼いでました。

軌道に乗って、これだけで独立してる人もいますので、頑張ってみるのも大いにアリです。

 

こちらのクラウドソーシングサイトは、大手で大企業なども利用してるので安心です。

→手軽に在宅ワーク!【クラウドワークス】

 

雇われて働く以外のお金の稼ぎ方を知っておくと、会社から放り出されても選択肢が増えます。

年間20万円以内の副業なら申告の義務はありませんので、ちょっとやるくらいならバレないので大丈夫です。

最初はそんなに稼げないだろうし。

 

腹が立つので生活保護受給者を叩く…のはやめよう
こういう事実を知ると、生活保護受給者を叩きたくなってくるのですが…。
一応彼ら彼女らは弱者なので、叩くのは辞めておきましょう。

 

というか、生活保護受給者以下の稼ぎしかない人の場合、後々貧困に陥る可能性が極めて高いです。
ろくに貯金もできないでしょうからね…。

 

そうなると生活保護を受けるようになる可能性も高いわけで、本気で生活に困ったら、あの手この手で受給できるように動くでしょう。
そうなった場合、彼らは生活保護の先輩なわけです。
明日は我が身ですから。

 

生活保護に落ちる可能性があるのであれば、叩くのは辞めましょう。
天に唾するような、愚かな行為です。

 

 

これからは更に厳しくなっていく
xusenru / Pixabay
 

まあ、これからは国や自治体の財政も更に厳しくなっていくでしょう。
夕張市のように、財政破綻する自治体もどんどん出てくると思います。

 

そんな状況の中、生活保護もこれからどうなるかわかりません。
更に厳しくなり、既に貰ってる人の社会復帰をもっと促すようになっていくでしょう。

 

生活保護といっても、今は若者は「早く再就職しろ」とせっつかれるようですし、あまりいいことばかりでもありません。
まあ大手を振って歩けませんから、周りの人間を気にしながら生きることになりますからね…。

あまり、叩きすぎるのはやめましょう。

 

まとめ
生活保護以下の収入しかないというのは、結構やばいと思います。
貯金もあまりできないでしょうし…。

 

なんとかして収入を上げた方がいいです。
或いは、差額を請求するように動くとか。

 

というか今でも生活保護予備軍というか、もう半分生活保護対象者みたいなものです。
これからの人生を本気で考えたほうがいいかもしれません。

 

もっと給料高いホワイト企業で働いて、生活を楽にしたい!


最近は給料も上がらず、税金や社会保険料の値上げで生活が苦しい人が増えていると思います。

ですが今は有効求人倍率が高止まりしているため、待遇のいいホワイト企業に入社したいなら今がチャンスです!

「もう年齢的に転職は厳しいよ」という方もおられるでしょうが、今は労働人口も急速に減少している上、少子高齢化のせいで日本人の平均年齢は46歳を超えました。

正社員の有効求人倍率も一倍を超えましたので、今は相対的にあなたのような有能な若い人材の価値が上がってきているのです。20代30代の若者人口自体が、急減してますので。