レポートマン!

人生楽しんだもん勝ち!!

YouTubeの収益化条件が2018年2月20日変更!規約内容がむしろ歓迎な理由とは

2018年2月20日から、YouTubeのパートナープログラムの資格内容が変更されることが、YouTubeから発表されました。

その変更内容は、驚きの内容でした。

チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
チャンネル登録者が 1,000 人
この条件を満たすことで、プログラムに参加できるかどうかが初めて審査される、のです。

この内容は、YouTubeで収益を得たい人にとっては、ショッキングな内容でした。
もうYouTubeでは稼げない?
もうYouTubeは終わり?
そんな悲観する声も聞こえます。

でも、今回のYouTubeの変更は、未来型の考えでは、むしろ大歓迎!!な内容です。
どのあたりが歓迎なのか、ということをお伝えしていきます。



 

目次

1 2018年2月20日に収益化条件が変更になります!
2 より厳しい審査条件に・・
3 なぜ、厳しい条件になったのか?
4 今回のYouTubeの決断は、クリエイターの保護のため
5 未来型の考えにとって、歓迎の理由とは
6 長期的な視点を持つことが大事
7 あなたのやりたいことをお仕事にしていくために  

 

 

 


2018年2月20日に収益化条件が変更になります!
2018年1月17日にYouTube Creatorsからメールがありました。
YouTubeで広告収入を得るための条件が変更になった、とのお知らせでした。

条件とは、

チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
チャンネル登録者が 1,000 人
この条件を満たすことで、プログラムに参加できるかどうかが審査される、のです。

この内容は、YouTubeで収益を得たい人にとっては、ショッキングな内容でした。

 

今まで、収益を得ていたチャンネルも、この条件を満たしていないチャンネルは、2月20日以降は、収益化ができなくなる、ということです。
YouTube側は、30日の猶予期間をつけてくれました。

詳しく知りたい方は、YouTubeクリエイターブログをご覧ください。
YouTubeクリエイターブログはこちら

 

より厳しい審査条件に・・
今までは、チャンネルの総再生回数が10,000回を超えることが、収益化の審査を受ける条件でした。
こちらは、2017年4月16日に、YouTube パートナー プログラムにて、設定された条件でした。
こちらでも、厳しくなった、と言われていました。

なぜなら、2017年4月16日以前は、アドセンスを取得していれば、すぐに収益化、というものが出来ていたのです。

誰でも簡単に今すぐ始められて、
誰でもネットから収益を得ることが出来る

そんな気軽なところも、YouTubeの魅力の一つでした。
スマホの普及もあって、テレビよりも身近に感じられる存在になっていきました。

 

なぜ、厳しい条件になったのか?
YouTube上には、今でも、質の低いコピペ動画、違法の動画、暴力的な動画、というものがあふれています。

簡単に、気軽に始められる、というのがYouTubeの良さでしたが
簡単に稼げますよ!!と謳った教材も多く出回り、ある意味無法地帯と化していたのです。

そこでYouTubeは、削除祭り、一斉BAN、と一般的に言われるものを行なって、違法のチャンネルを削除していくことを積極的に行うようになります。
それでも、はっきり言って、違法のチャンネルは減りません。
イタチごっこのようなものです。

オリジナルの動画をコツコツと作っている側からしたら、迷惑極まりない状況でした。

 

今回のYouTubeの決断は、クリエイターの保護のため
今回のYouTubeの方針を読むと、「クリエイターの保護のため」の条件ということが良くわかります。

12 月に YouTube CEO の Susan から言及があったように、YouTube は、2017 年にコミュニティに影響を及ぼした問題に対処し、アイデアとオリジナリティあふれる世界中のクリエイターが悪意のあるユーザーから被害を受けることなく YouTube で活躍できるようにするため、YouTube パートナー プログラムを変更いたします。このたびの主な変更点は収益化の要件を厳格化することです。これにより、YouTube をよりよいプラットフォームにするために貢献したクリエイターに報い続けるとともに、悪意のあるユーザーがスパムやなりすまし、その他の悪い行いをする人々によって YouTube のエコシステムに損害を与えたり、クリエイターに便乗したりすることができないようにします。

引用:日本語版YouTubeクリエイターブログより引用

 
 

YouTubeによると、2017年は、10 万米ドル(約 1100 万円)以上の収益を上げるチャンネルの数は前年比で 40%も増加していて、
YouTubeで生計を立てているクリエイターの数は過去最高となりました。
2017年は厳しい年だったにもかかわらず、YouTubeで活躍される方は増えているのです。

 

一方で、99%のチャンネルは、年間の収益が100 ドル未満。
更にその90% は先月の収益が 2.5 ドル未満、というデータがあります。
多くの方は稼げていない、という現実なのです。

 

だからこそ、YouTubeは、本気で頑張る大切なお客さんであるクリエイターを保護するために、あえて、厳しい条件を出したのです。

制限をかけることで、YouTubeにはこれからは、さらに質の良いクリエイターさんが集まって、より良いコンテンツが発信されていく媒体になっていくことが予想されます。

 

未来型の考えにとって、歓迎の理由とは

すぐに楽に簡単に稼ぎたい!!
YouTubeなら私にも簡単に稼げるかも!!

そんな風にすぐに収益を求める人は減っていく、と思われます。
「自分が稼ぎたい」というそれだけ動画や、コンテンツとしての価値がないものは、消えていくでしょう。

 

動画も想いが大切なんです。
誰に何を伝えたいのか
誰のためにどんなお仕事をしていきたいのか

「自分が稼ぎたい」のではなく
「お客さんのために」自分が楽しんで作っていく動画が求められていきます。

それは、ものすごいクオリティーの高い動画を作る、ということではなく、
あなたのなんとなく好き、な想い
あなたのなんとなく伝えたい、想い

こういう動画を届けることが大切です。

 

長期的な視点を持つことが大事
チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
チャンネル登録者が 1,000 人
確かにこの条件は厳しいかもしれません。

だからこそ、長期的な視点をもつことが大事です。
時間がかかる、ということは覚悟してください。

 

でも、マーケティングを学んで、コツコツと続けていけば、決して無理な数字ではないのです。

私自身のオリジナルクッキー動画は、今も再生され続けていますし
チャンネル登録を促したことはないですが、チャンネル登録者も増え続けています。

68万回再生
2783人
(2018年1月現在)

 

あなたのやりたいことをお仕事にしていくために
私自身は、ユーチューバーでいたいわけではないです。
あなたにも、ユーチューバーを目指して欲しいわけではないです。
(※ここで言うユーチューバーとは、YouTubeのみで生計を立てる)

 

動画、という媒体を使うことで、あなたの想いが大切なお客さんに伝わりやすくなるのです。
文章と写真だけでは伝わらない想いを届けることが出来るのです。

なので、誤解を恐れずに言えば、YouTubeで収益化が出来る、出来ない、というのは、あまり重要ではありません。

 

ブログとYouTubeとの連動は最強です。
ブログからのお客さんだけではなく
YouTubeからもお客さんにいらして頂くことが出来ます。
ブログとYouTubeをリンクすることで、あなたのファンが更に増えていくのです。

お客さんの期待に応えるコンテンツをコツコツと作り続けていくことこそ、あなたのお仕事が飛躍していく素敵な道なのです。

今回のYouTubeの収益化条件の変更は、未来型の私達にとっては、とても嬉しい改革をなっていきます。
ブログと動画を使って、あなたの想いをコツコツと伝えて、あなたがやりたいことをお仕事にしていきましょう!