レポートマン!

人生楽しんだもん勝ち!!

「ポケットモンスター 金・銀」の体験版データがリークされ製品版には登場しなかったポケモンの初期デザインが多数見つかる

ポケットモンスター 金・銀」は1999年11月21日に発売されたゲームボーイRPGです。前作となるポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウの続編であり、新たに新種のポケモンが100種類追加されたことで251種類のポケモンと冒険を繰り広げることが可能になった同作ですが、初期デザインではなんと500種類もポケモンがおり、ゲームには登場していないさまざまなデザインが考案されていたことが明らかになっています。

 


f:id:reportman:20180606140513j:image


The best parts of the Pokémon Gold demo leaks are the early designs - Polygon
https://www.polygon.com/2018/5/31/17413826/pokemon-gold-demo-leak
1999年の正式リリース前に、任天堂ポケットモンスター 金・銀の体験会を開催しています。体験会が行われたのは1997年のNINTENDO SPACEWORLD’97で、ここで使用されたポケットモンスター 金・銀の体験版データが、GlitterBerriさんによりインターネット上で公開されました。データは以下のページに保存されておりダウンロードすることが可能です。
Proto:Pokémon Gold and Silver - The Cutting Room Floor
https://tcrf.net/Proto:Pok%C3%A9mon_Gold_and_Silver
製品版のポケットモンスター 金・銀では採用されなかった物語要素などが含まれているそうですが、1番気になるのは製品版では採用されなかった初期デザインのポケモンが多数存在するという点です。
体験版で登場するポケモンは全部で250種類。ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウで登場する151体も含まれているので、新しく考案されたポケモンは99種類ということになります。

ポケットモンスター 金・銀で登場し多くのプレイヤーを驚かせた「ピチュー」や「ピィ」。これらはベイビィポケモンと呼ばれるもので、ポケットモンスター 赤・緑で登場したポケモンの進化前の姿でした。製品版のポケットモンスター 金・銀ではベイビィポケモンが8種類登場しましたが、体験版では他にも6体のベイビィポケモンが考案されています。

 


f:id:reportman:20180606140817j:image

ロコンの進化前の姿と思われる「ミコン」、パラスの進化前の姿と思われる「パラ」、ニャースの進化前の姿と思われる「コーニャ」、ドードの進化前の姿と思われる「ヒナーズ」、ベトベターの進化前の姿と思われる「ベトベビー」、バリヤードの進化前の姿と思われる「バリリーナ」。なお、バリヤードの進化前は最終的に「マネネ」として本編に登場しています。

また、製品版とは異なる初期デザインのポケモンも多数います。キリンのような見た目の「キリンリキ」は、初期デザインでは頭を2つ持つちょっと恐ろしげな見た目でした。また、キリンリキの進化前の姿として「ツインズ」というポケモンが考案されていたこともわかります。


f:id:reportman:20180606140903j:image

主人公が最初にゲットする3体のポケモンのうち、「ヒノアラシ」と「ワニノコ」およびその進化系は体験版ではデザインが異なりました。
ヒノアラシはクマを元にしたデザイン

ワニノコはベースとなった動物は不明ですが、アシマリによく似たデザインです。

製品版でも登場する「テッポウオ」と「オクタン」ですが、初期のデザインは名前の通り「鉄砲」と「戦車」により近い見た目となっています。
f:id:reportman:20180606140525j:image

さらに体験版で登場した3体の伝説のポケモンは以下の通り。


f:id:reportman:20180606140636j:image

製品版では「ライコウ」「エンテイ」「スイクン」として登場することになったようで、デザインも名称も変更されていますが、四足歩行という点は初期段階から決定していたようです。


他にも以下のように製品版では登場しなかったポケモンたちがズラリ。キュートでありながらゴーストタイプのポケモンらしさも十分兼ね備えている「ノロワラ」や「キョンパン」など、ぜひとも今後本編で登場してほしいデザインが並びます。


f:id:reportman:20180606140647j:image

ゲームメディアのPolygonが初期デザインの中で特に最高とオススメしているのが、「ポリゴン2」です。製品版のポケットモンスター 金・銀でも登場するポリゴン2ですが、見た目はかなり異なっており、進化前のポリゴンの面影は皆無なポン・デ・ライオン風の見た目となっています。なお、ポン・デ・ライオンが登場したのは2003年なので、「ポン・デ・ライオンとデザインがかぶったからボツになった」というわけではないようです。

なお、公開されたポケットモンスター 金・銀の体験版には「シンクロ」「いしあたま」「ひっこぬく」「かぜにのる」「みずあそび」「てつわん」「ひかりゴケ」「とびはねる」といった製品版のポケットモンスター 金・銀では採用されなかったわざも存在するそうです